保険を見直そう⑥おさらい

 今まで見て見ぬふりをしてきた保険の世界ですが、複数の保険アドバイザーさんに会うことによって俄然興味がわいてきました。もう一度おさらいしてみます。

「掛け捨て型」か「積み立て型」か

 保険には、会社で加入する社会保険や国民健康保険などの他に、任意で加入する保険があります。それには多くの種類があり、よく知られているものとして、生命保険(死亡したときの保険)、損害保険(自動車保険、海外旅行保険など事故トラブル系の補償)、医療保険(病気、ケガ、入院等の医療費保障)が挙げられます。
 また、「掛け捨て型」と「積み立て型」があり、「掛け捨て」はある一定期間を定額の保険で保障するもので、満期になると契約が終了します。
 一方「積み立て」とは、毎月定額の保険料を支払い、満期になると満期返戻金としてお金が戻る、貯蓄性と保険機能がついた保険です。
 保険料の目安はそれぞれですが、「掛け捨て型」であれば20代なら2000円~3000円くらいの商品もあります。
 一方、「積み立て型」は月1万円くらいは必要になります。年代により必要な保障内容も変わるので、適宜保険の見直しをするとよいでしょう。

保険で銀行預金以上の利回りを

 保険の「積み立て型」は”貯める”ために有効であり、払い込んだ保険料より、満期や解約時に戻ってくる解約返戻金や、契約で定められた一時金などの額のほうが多くなるものもあります。利回り換算すると、銀行預金などより有利になる”得する”保険をみつけられます。
 たとえば、低解約返戻金型とする代わりに満期の解約返戻金が支払い累計を大きく上回る終身保険や定期保険。ほかにも運用に応じて保険金が決まる変額保険では、保険料総額以上の死亡保険金が設定されているものもあります。
 保険は国内外の多くの会社が競争を続けている分野なので、条件次第で利用者のメリットが大きくなる商品が出てきています。
 ただし、保険は専門知識が必要な複雑な商品ですので、各社の保険を比較しアドバイスしてくれる保険アドバイザーや街の保険デスクなどに相談して選ぶことをお勧めします。

保険の正しい見直しとは

 生命保険の見直しというと、今と同じ保障内容で安い会社を探したり、安い商品に替えると考えがちです。しかし、それにより必要なときに必要な保障が受けられないのは本末転倒です。保険の見直しとは、優先順位をつけて必要な保障を選択することです。
 専業主婦が多かった高度成長期は、一家の大黒柱である夫が死亡しても妻と子どもが路頭に迷わないようにと、死亡保障を手厚くすることが多くありました。しかし、現代は若くして亡くなる人の数はどんどん減っていることが統計上あきらかだし、共働きで妻にも収入があれば、昔ほど重視するものではありません。遺族年金もあります。
 それよりも先に検討したいのは医療保障です。平均寿命が伸びた現代では、長生きをすればその分病気のリスクは増えます。それを保険でカバーするよう検討してみましょう

まとめ

 最後に「積み立て型」と「掛け捨て型」のメリットとデメリットをまとめてみました。

【積み立て型】毎月定額を支払い、満期になるとお金が戻ってくる
<メリット>
・一定の期間を過ぎると、支払った保険料よりも多くの保険金が戻る場合がある
・解約すると返戻金が支払われる
・保険の保障を受けながら毎月積み立てができる
<デメリット>
・同じ保障内容の掛け捨てよりも保険料が高い
・支払った保険料よりも保険金の額が下回ることがある
・満期日前に解約すると元本割れすることもある

【掛け捨て型】一定期間定額の掛金で保障してくれる
<メリット>
・同じ内容の積み立てよりも保険料が安い
・必要な保険を必要な金額、期間だけ掛けられる
<デメリット>
・支払った保険料が返ってこない(返ってきても金額が少ない)
・貯蓄性がない
・一定期間で保障が切れてしまう
・次回、同じ内容で加入すると保険料が高くなることがある 

日常的なお金をコントロールする

浪費をコントロールしよう

お金が貯まる人と貯まらない人の差は、習慣的に使っているお金の「質」に出ます。
たとえば、高額な洋服を買ったときには「お金を使った」という意識が生まれ、
洋服はかたちに残り、満足感も得られます。一方、毎日のランチ代やドリンク代などは消費してしまうと、かたちに残らないのでお金を使った意識や満足感がそれほど生じません。

こういった「食費」「飲み物代」「たばこ代」「美容費」「交通費」などの日常的な”消えモノ”の代金にこそ、ムダが潜んでいるものです。もしかすると食後のコーヒーや仕事帰りのコンビニなど、心当たりがあるのでは?

これらは生活のなかで習慣化されていることが多く、1回の金額も少ないので、ムダに気づきにくいところが落とし穴になります。長期でみると、相当な金額を使っている場合もあります。まずは買い物のレシートをチェックして、無意識に使っている消費を改善していきましょう。

レシートチェックでムダをみつけよう

毎日のムダ使いに気づくことが節約の第一歩ですが、自分で気づくのは難しいものです。ムダ使いを客観的に見つめなおすには、レシートチェックが最適です。買い物のレシートは捨てず、購入したそれぞれの商品名をチェックしながら、必要もので安く買えたものは〇、必要だけれど節約の余地があるものは△、ムダ使いは✖と印をつけてみましょう。

✖印のついたものがムダの正体です。まずは1週間分のレシートをチェックし、次の1週間はそれらのムダな品目を除いた予算で生活してみましょう。続けていけると感じたら、長期で実践すればよいのです。

また、月の予算は頭の中だけで計算するのではなく、数字をきちんと書き出すことが大切です。収支を項目別に記録する家計簿をつけて、定期的に見直すクセをつけましょう。家計簿の記録方法はノートやエクセル、スマホのアプリなどさまざまですが、自分にあった家計簿で続けてみましょう。

 

 

お金に対する偏見をとく

「私お金が貯まらないんです。」
よく聞く話です。

家計簿をつけるとか、激安店を探して買うとか…、
雑誌などのお金の特集記事にあったことをあれこれ実行してみても
結局変化なし。
これは、いったいどういうことでしょうか?

小細工をしても結果がでないという人は、
0歳から15歳までに親から植え付けられてしまった
お金に対する「偏見」があるのです。

「楽して儲けすぎるのはちょっとね」とか、
「貧乏でもつつましく暮らせればそれでいいんだ」とか
「お金持ちの人は心が汚い」などといった歪んだ思い込みが、
お金の流れを遮断してしまうのです。

考えてもみてください。
ポケットの中に犬のフンが入っているとしたらどうしますか?
ソッコーで捨てちゃいますよね。それと同じです。

「お金は汚い」という思い込みがある人は、
お金は即使ってしまったほうがすっきりするのです。
貯めておくことはとんでもないことです。

なかなかお金が貯まらないという人は
無意識にこんな行動をしています。

過去の刷り込みによる偏見もありますが、
お金の知識がないということも大きな原因です。

ちゃんとお金を稼ぎたいと思っているのであれば、
きちんと時間を割いて「お金について学ぶ」のが大事です。
稼げる人は、お金について、いろいろなことを知っています。

細かい節約テクニックだけではなくて、
税金、保険、金利、ローンなど、経済の仕組みについて、改めて勉強してみましょう。

「ポイント還元」と「現金割引」どちらがとくか?その②

シチュエーションその①

あなたは量販店へ足を運んで、新発売のタブレットを購入するとしましょう。金額は1万円。しかしA店ではセールでさらに35%引き、B店ではポイント50%還元中でした。あなたは「これはラッキー」とB店で1万円で端末を購入し、50%ポイント還元で5000円のパソコンソフトをゲットしました。

あなたは会社の同僚にタブレットを自慢すると同僚から「それならA店で35%引きで買った方が得だったんじゃないの?」といわれてしまいました。

さて今回の例を見てみましょう。A店は35%引き、B店は50%ポイント還元。数字だけみるとB店の方がお得な感じがします。しかし、実際のところはどうでしょうか?

A店は35%割引なので1万円のタブレットが6500円で購入できます。一方B店はポイント還元なので支払うのは1万円です。

あなたは1万円を払って15000円の価値のものを購入しました。

このときの割引率は

払った金額1万円÷手に入れた価値15000円≒割引率33.3%

約33.3%の割引率となります。一方、A店の割引率は35%なので、割引率で比べるとA店の方が得ということになってしまいます。

シチュエーションその②

同じ要領で次の問題を考えてみてください。2000円のものを買うとします。C店は18%の割引セール中でD店は25%のポイント還元をしています。

D店は500円分のポイントがもらえ実質的に2500円分の価値を2000円で購入することができます。これを割引率を計算すると

払った金額2000円÷手に入れた価値2500円≒割引率20%

となり、C店よりもお得となります。

まとめ

このように、「ポイント還元」と「現金値引」を単純に数字だけで比べると、損をしてしまうこともあるので、「ポイント還元」と「現金値引」は同じではない、という数字のカラクリがあることをふまえて計算式を覚えておくと判断がつきやすいですね。

でもまあ、買い物は多少損をして買っても、シチュエーションが楽しい方が重要な場合もありますものね。

保険を見直そう⑤お断り

自己アフィリエイトでの報酬狙い、という最初は不純?な動機だったとはいえ、保険の見直しはやってよかったです。複数の保険アドバイザーと会って、保険のことが理解でき、今の自分の年齢と希望で提案される商品の相場感がわかりました。

自分に問いかけよう

しかし、最終的にはその中から一人にしぼらなけばなりません。長い時間をとってお会いしているので、感情的には申し訳ないな、言いにくいなと思うのもしょうがありません。

その前に自分の気持ちを振り返ってみましょう

①入りたい保険があったのかなかったのか?

②ちゃんと支払い続けられるのか

③そのアドバイザーさんと今後とも付き合っていけるのか

など。

アドバイザーさんにとって私とは?

次に保険アドバイザーさんの客観的な状態もみてみましょう

①毎日自分以外の人にもあっている。その中の一人。

実際に自分のために指定の場所に足を運んで、1時間も2時間も説明に時間をとってくれているわけです。「入らないと申し訳ないな」と思ってしまいますが、大多数の中の一人です。

②アドバイザーにより提案する保険会社・内容が異なる

向こうも商売なので、自分の会社が得意な商品で提案してきます。

③断られることも何度もある

ということで、お客様自分ひとりだけで、自分が断ったらどうにかなってしまうわけではありません。

また保険さんは次々と次の面談を決めていくわけですから、ずるずる引き伸ばさずに早めにきっぱりと断ってもらう方がよいそうです。

断りにくいのはわかるけど、連絡が取れなくなる、というのが保険アドバイザーさんにとっては一番いやなのだそうです。

私の失敗談

私の失敗談をひとつ。一人のアドバイザーさんに、電話で「他にもアドバイザーさんにも会っている」と伝えてみました。そうすると見る見る語調が変わり、先方からお断りしてきました。「私のお客さんにはそういう方はあまりいないので」という理由でした。機嫌が悪くなる理由もわかりますが、会社で何か発注する場合、相見積もりをとるのは当たり前なので、これはしょうがなかったと割り切っています。

私はたまたま40代、50代、60代のそれぞれの年代のアドバイザーさんと会いましたが、傾向として年齢が上がるほど人対人を重要視してくるようです。先方から断ってきた方も60代でした。40代の方はどちらかというと、これからのお付き合いというより、商品の提案を重視していたように感じました。これはあくまで私の感想ですが、ご参考までに。

さて断る理由ですが、ネットで調べれば色々ありますので自分が一番言いやすい理由を見つけてください。ただ、断る前には自分の中でちゃんとマインドセットをして、自分の心が折れないように向かいましょう。

保険を見直そう④判断基準

生命保険に入る判断基準

保険の仕組みを説明するとき、「貯蓄は三角、保険は四角」という表現がでてきます。

貯蓄はお金を少しずつ積み立てていくので、年齢が増していくごとに、貯蓄残高は右肩上がりの形になり、三角形になります。

これに対し、生命保険は、年齢に関係なく、加入したときから保障額が一定、つまり受け取れる額が一定ですから、四角形になります。これが、「貯金は三角、保険は四角」といわれるゆえんです。うまく表現した言葉ですね。これを聞くと保険に入らねばと思ってしまいます。

保険アドバイザーさんと数回面談をすると、自分の年齢や希望にあった商品をいくつか選んでくれます。契約している保険会社が違うので勧めてくる保険会社は違いますが、私の場合は、内容についてはそれほど変わりはありませんでした。

さて、どの保険に入ろうかと考えたとき、思い出したのが10年前の自分のことです。10年前、今の自分のことを想像できただろうか?10代のときに20代のことを、20代のときに30代のこと考えられただろうか?身近なところでは、Iphoneなんて全く想像してませんでしたし。こういうと身もふたもないのですが、社会も会社も自分も、10年後すら想像できないというのが本音です。

とすると結論としては、そのとき自分が許せば、一つでもなにか気に入った部分が多い保険に入っておいて、気になったときにまた相談にのってもらうような気楽な感じよいかなと思うようになってしまいました。

保険を見直そう③保険の概要

私が保険に入ったのは10年前、まったく内容は考えずに、安いものを選んで入りました。恥ずかしながら保険についてこれまで全く無知だったのですが、そのことを最初に保険アドバイザーの方にお話し、概要をお話していただきました。

保険の概要

1回の面談でだいたい80分くらいです。こちらも本気になると、質問に答えたり、疑問点を質問したりするので、確実に1時間は超えますので、逆に1時間以内だと本気ではないとばれるんではないかと思います。自己アフィリエイトの否認条件として、「明らかな報酬のみの目当ての方」というのもありますのでご注意ください。

保険アドバイザーさんもこういった面接を何百人、中には1千人以上している方もいますので、その辺は鋭いです。中には、手の内を探るために同業者が面談を申し込んでくることもあるそうですが「やっぱりわかります」と言ってました。(本人には言わないそうですが)

さて内容ですが、お話しの内容が非常に有益でしたので、以下に簡単に記させていただきます。詳細は実際に保険アドバイザーさんと面談すれば、きちんとお話ししてくれると思いますので、予習の意味でお付き合いください。

1.生命保険会社は、日本に何社あるか?

⇒約40社です。※保険アドバイザーさんによって若干ことなりました(笑)

2.生命保険会社は会社名で3つにわけれらます

①漢字 日本生命・第一生命

従来からある大手生保。パッケージ商品が多い。

②カタカナ アフラック・メットライフ

外資系や新しい生保会社

③ひらがな あんしん生命・ひまわり生命・あいおい生命

損保会社が1995年の規制緩和後、設立したところが多い

※②③は商品数が多く、組み合わせて販売することができます。保険アドバイザーさん は②③から商品を選んで提案してくれます。

3.生命保険の4つの使い道

①死亡保険

②高度障害・要介護状態

③入院・手術(病気・けが)

④貯蓄(学資・年金)

4.生命保険の4つの基本形

①定期保険

②養老保険

③終身保険

④年金保険

※定期保険のみ掛け捨て。②~④は満期になるとお金が返ってきます。

5.保険は誰のものか?

①死亡保険 ⇒ 家族

②高度障害・要介護状態 ⇒ 自分

③入院・手術(病気・けが)⇒自分

④貯蓄(学資・年金)⇒自分

 

とまあ、あらためて説明を受けると「なるほどなー」と思うことばかりです。

面談では上記の3、4を理解してもらって、どこを重要視するか(5の部分)をアドヴァイザーさんと一緒に考えることになります。

この「どこを重要視するか」というのは、イコール生命保険を決める際の判断基準になりますので、わからないことはどんどん質問してみてください。自分の人生の棚卸しみたいな部分もあるので、割としんどいです。

また保険の種類は組合せで考えると何千種類にもなるそうです。ここは素人ではたちうちできませんので、アドバイザーの提案にゆだねるのがよいでしょう。

保険を見直そう②面談までの流れ

私は自己アフィリエイトで7社の保険相談に申し込みました。その後の流れは以下のようになります。

面談までの流れ

①予約を受け付けたメールが届く

②無料相談前のヒアリング用のメールが届き、情報を入力し返信

③各運営事務局より確認連絡

④担当保険アドバイザーの紹介

⑤保険アドバイザーと面談実施

⑥保険診断

申込みをする相談サービスが複数の保険会社と契約しているらしく、ヒアリングで書いた情報をもとに保険アドバイザーを探してくれます。保険アドバイザーが決まるのに、申込みをしてからだいたい1週間程度でした。

また申込み案件は、全部が全部とおるわけではないようで、私は7社の相談サービスの申込みをしたわけですが、結局、実際に保険アドバイザーと面談したのは3社になりました。面談場所が保険アドバイザーの職場しか選べなかったり、先方からアドバイザーが見つからなかったとお断りの電話があったり、あちらの事情、こちらの事情、理由は様々です。

面談場所は、自宅・職場・保険アドバイザーの事務所・ファミレスなど、こちらで自由に選択できます。私は、職場近くのファミレスで面談いたしました。

保険アドバイザーに会う

最近は、1社ですべての保険を賄っているわけはなく、生命保険はこの会社、ガン保険はこの会社…とニーズに合わせて提携している会社の様々な保険を組み合わせてご提案するのが主流のようです。

昔の職場の昼休みを待ち構えていたような保険レディが多かったころは、保険はパックになっていて今のように商品説明よりも、保険レディの勢いで売っていたのが多かったようです。

これからいよいよ面談です。その前に面談ということに心配している人もいるかもしれませんが、お会いした保険アドバイザーの方は全員男性でしたが、皆さん紳士でした。押しが強かったらどうしよう?とか豹変したらどうしよう?とか考えましたが、その点は全く心配無用でした。

また1回目の面談で一通り説明が終わった後、口を揃えたように言われたことがあります。

「次回はお会いしますか?ここでやめますか?お互い時間の無駄になりますから、いらないならいらないとはっきり言ってくださいね。」

割りとこれには面喰らいました。私の場合は、保険プランもみたかったので次回の面談日も決めました。

あくまで自己アフィリエイトの報酬目当てでしたら、当然ここで終了でOKです。ただ面談した保険アドバイザーが「面談内容が不十分」と判断すると報酬は発生しませんのでご注意ください。

保険を見直そう①セルフバック

現在、あなたは医療保険・その他の生命保険の見直しや加入を検討していますか?

セルフバックを使う

最近ではwebから各種の保険相談サービスの無料保険相談や見積もりなどできますが、保険の相談をすることで、無料どころか1万円以上の現金をゲットする方法があります。
それは、アフィリエイトサービスの「セルフバック」と呼ばれる自己アフィリエイトをすることです。
アフィリエイト(affiliate)とは、「提携」という意味です。アフィリエイトサービスとは、企業等と「提携」して商品やサービスなどを、インターネット上で紹介し、購入してもらったり、広告をクリックしてもらうことにより企業から報酬を得ることをいいます。
このアフィリエイトサービスは、基本的には自分のブログやホームページ、メール等で商品やサービスを紹介し、その紹介から購入やクリックがされると報酬が得られるのですが、そのようなブログに成長さえるのに半年以上かかったり、非常に労力を伴います。

しかしながら、手っ取り早く報酬を得られる方法として「自己アフィリエイト」というものがあります。これは、他人による購入やクリックではなく本人によるサービスの購入により、報酬が発生するという仕組みです。特に保険相談関係はアフィリエイトの報酬が高く、各社5,000円~15,000円ぐらいの報酬設定をしています。

ASPに登録する

では、具体的にどうすればいいのでしょうか。では、私が実際にやってみた自己アフィリエイトについて紹介します。

自己アフィリエイトをするためには、まずアフィリエイトサービスを提供しているアフィリエイトサービスプロバイダー(略してASP)に登録する必要があります。日本でも多くのASPがあります。よく知られているところでは、A8ネット、ハピタス、GetMoney、アクセストレードなどがあります。私はポイント制ではなく、すぐ現金になるのが分かりやすかったA8ネットを選びました。いろんなサイトやブログをみていてもまずは最初に登録するのはA8ネットと書いてある記事が多いです。特に現時点で、自分のブログやサイトを持ってなくても登録できるのがA8ネットのいいところです。

ちなみに強者はこの自己アフィリエイトで保険相談、消費者金融のカード作成等々で数十万円稼ぐ人もいるみたいです。
さて報酬額は、どの保険相談サービスを利用するか、いくつの保険相談サービスを回るのかというのにもよりますが、2から3社で相談すると大体2万円ぐらいの自己アフィリエイト報酬が見込めます。

とりあえず、まずは1社の保険相談サービスの申し込みをするだけであれば、A8ネットの登録も含めて30分もあれば作業は完了するかと思います。
私の場合は、このセルフバックを使って「保険マンモス」「保険コネクト」他、全部で7社の相談サービスを利用しました。
一応、注意点としては報酬基準があるので、相談したから必ず報酬が入るわけではないようです。

次回は、実際に保険相談をしてみてどうだったかお伝えします。

時間なし、貯蓄なしの結婚式までの道のり

結婚式は女性の一つの夢ですよね。 世の中のカップルにはそれぞれ色々な事情があると思います。私の経験がお役にたてば幸いです。

私は今の奥さんとお付き合いをする前に、なぜか「女性は結婚式はあげた方がいいよ」とのたまってしまっていたのです。なので結婚式をしない、という選択はありえませんでした。

しかし、いざ、彼女を結婚することとなると、時間なし、貯金なしという問題がありました。時間なしは具体的には式場を決めてから1か月半で結婚式を開きました。貯金なしは、ご祝儀内で無事結婚式の費用を払うことができました。めでたし、めでたし。

さて、どんな結婚式にするのか、二人で色んな夢を語りあえる楽しい時間です。この楽しさをどんどん具体的に決めていきます。式場探しやウエディングドレスや決めることはたくさんあります。

 

1.招待者リストを作成する

ここで一気に準備をすすめるためにまず最初にやることは、私は招待者リストの作成を行いました。招待者リストを先に決めると、式場の大きさ、入ってくるご祝儀など、必要なことがかなり明確になります。また招待者リストは、呼びたい方全員の人数を出したあと、カテゴリー分けしたり、会場のキャパで考えたり、複数のリストを作成しておくと便利です。

 

2.式場探し

招待者リストが決まると、だいたい会場のキャパシティを決めることができます。

挙式の形体はホテルウエディング、ハウスウエディング、レストランウエディングなど色々ありますが、招待者人数が決まっていると実際に下見にいってもかなり具体的にイメージができます。式場はやっぱり実際に会場へ足を運んで雰囲気を感じるのがよいです。雰囲気が暗かったり、太陽光が入って明るい、とか従業員の顔とか、写真では見られない情報がたくさんあります。

3.席次表を決める

ここで最初にやるのは、席次表を決めてしまうのがお勧めです。席次表を決めるときに、会場のイメージをするからだと思いますが、料理や催しもの人の動線なども具体的に見えてきます。

当日の式のスケジュールは担当のプランナーさんにやりたいことを伝えれば、なんとかスケジュールを組んでくれます。それでもどうしてもできないこともでてきますので、微調整を行っていきます。

ここまでできると、使いたいBGMや外したくないイベントなど次々と決まっていきます。

私の場合

私の場合は、式場を決めてから約1ヵ月半後に結婚式をあげました。最初の頃は私がずっと出張で不在でしたので、半月くらいは彼女一人で式場の打ち合わせにいってもらいました。そのため、式場の方が「もしかしたら彼女はだまされているんじゃないか?」という疑惑の目で見られていたようです(笑)

挙式まで時間がない方はぜひやってみてください。