「ポイント還元」と「現金割引」どちらがとくか?その②

シチュエーションその①

あなたは量販店へ足を運んで、新発売のタブレットを購入するとしましょう。金額は1万円。しかしA店ではセールでさらに35%引き、B店ではポイント50%還元中でした。あなたは「これはラッキー」とB店で1万円で端末を購入し、50%ポイント還元で5000円のパソコンソフトをゲットしました。

あなたは会社の同僚にタブレットを自慢すると同僚から「それならA店で35%引きで買った方が得だったんじゃないの?」といわれてしまいました。

さて今回の例を見てみましょう。A店は35%引き、B店は50%ポイント還元。数字だけみるとB店の方がお得な感じがします。しかし、実際のところはどうでしょうか?

A店は35%割引なので1万円のタブレットが6500円で購入できます。一方B店はポイント還元なので支払うのは1万円です。

あなたは1万円を払って15000円の価値のものを購入しました。

このときの割引率は

払った金額1万円÷手に入れた価値15000円≒割引率33.3%

約33.3%の割引率となります。一方、A店の割引率は35%なので、割引率で比べるとA店の方が得ということになってしまいます。

シチュエーションその②

同じ要領で次の問題を考えてみてください。2000円のものを買うとします。C店は18%の割引セール中でD店は25%のポイント還元をしています。

D店は500円分のポイントがもらえ実質的に2500円分の価値を2000円で購入することができます。これを割引率を計算すると

払った金額2000円÷手に入れた価値2500円≒割引率20%

となり、C店よりもお得となります。

まとめ

このように、「ポイント還元」と「現金値引」を単純に数字だけで比べると、損をしてしまうこともあるので、「ポイント還元」と「現金値引」は同じではない、という数字のカラクリがあることをふまえて計算式を覚えておくと判断がつきやすいですね。

でもまあ、買い物は多少損をして買っても、シチュエーションが楽しい方が重要な場合もありますものね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です